お気軽にお問い合わせください

tel:0120-375-477

オオスズメバチ(大雀蜂)

オオスズメバチ(大雀蜂 Vespa mandarinia japonica)

体長(女王バチ)40~45mm

体長(働きバチ)27~40mm

営巣場所 土中

頭楯の形 下の突起が二つ

特徴
スズメバチの中で最も大きく危険な種。コガタスズメバチと似ていますが一般に
大型で、頭楯(とうじゅん)の形が異なることや胸部が黄色をしている点で区別
できます。
最も高い攻撃性と強い毒をもっており、毒の量も最も多いです。
飛行速度も速いので、非常に危険です。
 
分布
日本全国の平地・低山地にかけて普通に分布しています。

巣の特徴
地中や樹洞などの閉鎖的な場所に営巣し、外皮は薄く底が抜けています。
巣盤数は4~10層で育房数は3,000~6,000房になります。

活動時期
越冬した女王バチは5月中旬頃から営巣を開始します。
働きバチは7月から羽化し、9月~10月には100~500頭程度になります。
オスは9月~11月に、新女王は少し遅れて10月~11月に羽化します。

お問い合わせ 0120-375-477
所在地 〒354-0026 埼玉県富士見市鶴瀬西2-2-21 堀内ビル101
TEL 0120-375-477
営業時間 午前 9 時 ~ 午後 7 時 30 分 (年中無休)
エリア 埼玉県,さいたま市,川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市,北足立郡,入間郡,比企郡,秩父郡,児玉郡,大里郡,南埼玉郡,北葛飾郡,杉戸町,松伏町 東京都,練馬区,板橋区,北区,足立区,葛飾区,

公開日:
最終更新日:2016/05/25